レジ袋とシュパット風

作りました

 スーパーのレジ袋も有料化されました、環境への配慮の面では有効な1手段だと思います。ウミガメがフワフワ浮いているレジ袋を好物のクラゲと間違え食べてしまい、消化不良から衰弱してしまった例があるようですし、徐々に小さく粉砕され小さなゴミになって回収不能になり、魚の体内にも取り込まれているようです。
しかし、レジ袋も無くなってみると買い物に行くたびに不便を感じます。買ったモノをポケットに無理やり突っ込むことが多い。

外出も心配ですし、飲み会もカラオケも難しいので家の中で出来ることなので、小ぶりのレジ袋を作りました。

大きさ比較のためスマホと比較

折りたたむとこんな感じ。

簡単に折りたためるシュパット風も作りました。
たたむとこんな大きさです。

広げますとこんな感じ、使い終わって端を持って引っ張るとこう戻ります。

荷物を入れると

買い物品もかなり入りますし、肩にかけることも出来ます。
布は100均の裏地?を使いmひもは20㎜のアクリルです。


取っ手を引き出すところはプラスチックの板を加工して滑りやすくしましたが、布でも行けるかもしれません。
5段くらいに折りたたみ、端を縫い合わせます。
いちばん端に収納用の袋を付けました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です