Linuxに変更苦戦中

直しました

この原稿はLinux OSの主流ディストリビューションUbuntuを使用して初めてのアップです。
LInuxマシンは90年代からトライアルで使ってましたが、実戦?の利用するのは初めての経験です。
変更の理由は
簡単、1月14日でサポートが切れるWIndows7のネット脆弱性を心配してが理由です。
では、何故Windows10に変えなかったかというと、無理して買ったAdobeのソフトが使えなくなるのを
恐れたからです。
このソフトは、職業訓練しているときに学割で買ったもので、相当な数の作成品もありました。
OSのバージョン変更によって、ソフトが使えなくなったら勿体無いというのが理由です。
失敗して学割も効かないとなると、とんでものお金がかかるからです。
マシンは変えない
一応、IntelのCoarei7 搭載マシンなので、SSDを増設し、デュアルブート仕様にしました。
Windows を利用する場合はネットを遮断して利用すれば多少脆弱でも、、、

デュアルブート仕様にはBIOSのBootデバイスをいじくりますが、HDDが見つけられずひと手間かかりました。


Flash HDDの選択により、Windows かUbuntuか変更して書き換えれば完了。

PWもかけられます。

例によって、このWPログインに制限がかかり両OSでいじってる内にデータにアクセスできなくなり、慌てました。
サーバーのご対応で何とかこの記事になりました。
囲碁のフリーソフトが強いのでびっくり、上海も難しい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です